ナバーロの年俸と入団した理由は?阪神期待の外国人か?

6月29日、神宮球場での阪神VSヤクルト戦で阪神が緊急獲得した新外国人のエフレン・ナバーロ内野手が代打で出場しました。

ナバーロ内野手の初打席は、どんな打席だったのでしょうか?


なぜ、ナバーロ内野手を獲得したのかも含め、お伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

ナバーロが阪神タイガースに入団した理由と年俸は?


2018年の阪神タイガースの外国人として、入団したのがロサリオでした。メジャー通算71本塁打の実績を誇るドミニカ出身のパワーヒッターで、韓国リーグでは、2年連続で打率3割、30本塁打という成績だったので、かなり期待されていました。


阪神タイガースをリーグ優勝に導く存在として、期待され、4番を任されましたが、チャンスでことごとく打てず、4番を外され、スタメンを外され、2軍落ちとなりました。ロサリオは48試合に出場し、打率は、.230で本塁打は4本、打点は22という成績でした。


ロサリオが成績不振ということで、阪神タイガースは、緊急補強を行うこととなり、エフレン・ナバーロの獲得となりました。2018年6月15日に契約合意し、推定年俸は3300万円、背番号は99。


緊急補強の外国人ということもあって、どんな外国人なのか、注目が集まりました。


ウエスタンリーグでは、3試合連続安打と好調で、6月29日の神宮球場での阪神VSヤクルト戦から1軍昇格が決まりました。

ナバーロの初打席は初ヒット初タイムリー!

ナバーロは、いつ出場するんだろう思っていたら、回ってきたのは、8-10で迎えた9回表でした。


先頭の鳥谷が2塁打を放ち、続く、糸原は内野ゴロ。内野ゴロ間に2塁走者は3塁に進塁。


1アウト3塁という場面で、代打出場したのナバーロでした。


結果は…




ライトにきれいなヒットを放ち、
初打席、初安打、初タイムリーとなりました。


ナバーロの初打席に阪神ファンからかなりの注目が集まっていましたが、最高の結果となりました。


その後、2アウト、1、2塁で逆転のチャンスとなり、陽川でしたが、レフトフライとなり、試合は、9-10でヤクルトの勝利となりました。

ナバーロは阪神期待の外国人か?

ナバーロの初打席となりましたが、どうでしょうか?ロサリオよりも期待できると思ってしまいました。


ネットでは、どんな感じで言われているのか、見ていると…




1試合見ただけでは分からないという声もありますが、ナバーロへの期待する声が非常に多いようです。

まとめ

ナバーロは、初打席初ヒット初タイムリーで、勝負強さを発揮したので、期待できるかもしれませんね。


少なくとも、現時点では、ロサリオよりも期待できるかもしれません。


ただ、助っ人外国人って、ヒット量産型よりホームラン量産型のほうがいいですけどね~。


ナバーロには、期待したいと思います!


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!