Amazon緊急事態は詐欺メール!迷惑メールはクリックしてはいけない


最近、Amazonを装った「Amazon緊急事態」というメールが届く人が増えています。


一見、Amazonから届いたメールのように思い、メールに添付されているリンクをクリックしそうになりますが、実は、このメールは詐欺メールです。


もし、届いたメールが怪しいなーと思ったら、クリックする前に、Googleなどで検索してみてください。


「Amazon緊急事態」がどういったメールなのか、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

Amazon緊急事態とは?




「Amazon緊急事態」は、「Amazon緊急事態」という送信元からメールが届きます。


送信元の名前はもう既になんだか……という感じはしますが。


実際に届いた「Amazon緊急事態」のメールは、こんな内容でした。




件名:Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!


〇〇〇〇〇〇〇〇〇様

自分のメールアドレスが書かれている。

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/01/09に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

<支払方法の情報を更新する>←ボタンのリンク



メールアドレスの送信元を見てみると、「Amazon緊急事態」で、送信元のメールアドレスは、「rousong01@m28.coreserver.jp」になっており、Amazonとは、無関係のメールアドレスで送信されています。


Amazonであれば、少なくともアットマーク以降のドメインが、「Amazon.co.jp」になるはずですが、「m28.coreserver.jp」という全然関係のないドメインとなっています。


送信元のメールアドレスを見れば、Amazonからのメールかどうか分かり、詐欺メールなのかどうか判断することができます。

Amazon緊急事態がAmazonからのメールじゃない決定的証拠


今回のメールは、もちろん、Amazonからのメールではなく、フィッシング詐欺メールになります。


毎度、いろいろなパターンで送られてくるフィッシング詐欺メールですが、よく見たら、Amazon緊急事態メール自体におかしな点がたくさんあります。


まず、「Amazoneプライムのお支払いにご指定のクレジットカード有効期限が切れています!
という件名のメールですが、そもそも、Amazoneってなんだよ!っていう話です。


アマゾンは、Amazonであって、Amazone(アマゾネ)ではありません!笑


それとも、Amazone(アマゾーーン)と読むのでしょうか?


メールの文中は、本当によくできています。


いかにもAmazonから届きそうなメールです。


メール内容を見るだけだと、「支払方法の情報を更新する」ボタンをクリックしそうになると思いますが、今回のメールは、件名と送信元を見れば、明らかに、Amazonからのメールじゃないと気づくので、メール内容だけで判断してクリックしないようにしてほしいです。


件名と送信元を見れば、、Amazonの運営元からのメールではないということはなんとなく分かりますが、このメールは、間違いなく、Amazonの名前をかたった迷惑メールです。

Amazon詐欺メールの対処方法

このAmazonからの詐欺メールが届いた瞬間、


<支払方法の情報を更新する>


というボタンをクリックしたくなりますが、絶対にクリックしてはいけません。


リンク先でパスワードが盗まれるなどの恐れがあるため、クリックせずに、メールをブロックしたり、ゴミ箱に捨てたりしましょう。


最近、この手のフィッシング詐欺メールは、大手企業の名をかたって送信されてくることが多いです。


これまでにも、楽天、LINE、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、佐川郵便などが過去にフィッシング詐欺メールが送信されてきました。


もし、怪しいメールと感じたなら、絶対にメール文中のリンクは開かないようにしましょう。


メール文中のリンクをクリックする前に、そのメール怪しいかどうか、Googleで調べてみることをオススメいたします。


メール自体が怪しいかどうか分からない場合は、気を付けるポイントがあるので、お伝えしたいと思います。


送信元のメールアドレスが正式な運営元からのメールなのか?をチェックするといいです。


過去の届いたメールのメールアドレスと比較して同じかどうか調べてみましょう。


今回のAmazon緊急事態メールでは、このような送信元となっています。





送信元が「rousong01@m28.coreserver.jp」となっており、Amazonとは全く無関係のメールアドレスとなっています。


次にチェックするのは、件名です。


フィッシング詐欺メールのほとんどが変な日本語です。


ちょっとでも違和感があれば、フィッシング詐欺メールだと疑ってみましょう。


今回は、Amazonではなく、Amazoneとなっているので、違和感を感じると思います。


世の中には、同じようにフィッシング詐欺メールが届いている人もいるので、ネットで検索すると、詐欺メールかどうか分かるので、怪しいと思った場合、グーグルで検索してみましょう。


くれぐれも怪しい詐欺メールは、リンクをクリックしないようにしてくださいね。

Amazon緊急事態メールのネットの声




Amazonを利用していない人にもメールが届いているようですね!笑

まとめ

Amazon緊急事態という詐欺メールについて、お伝えいたしました。


Amazon以外でも、運送会社やクレジットカード会社の名前を語ったメールで、送信されてくるので、安易にリンクをクリックしないようにしましょう。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【トレース(科捜研の男)】や【後妻業】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→【おっさんずラブ】や話題の朝ドラ【まんぷく】や【カメラを止めるな】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【グッドワイフ】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【3年A組】や【家売るオンナの逆襲】、年末特番の【ガキ使笑ってはいけない】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!