私のおじさん(わたおじ)は面白い?つまらない?原作やキャストも調査


ドラマ「私のおじさん(WATAOJI)」が2019年1月11日(金曜)夜23時15分からテレビ朝日系列でスタートします。


同じドラマ枠の前クールは、「僕とシッポと神楽坂」でしたが、今回は、「働く女性×おっさん」という斬新なドラマとなります。


岡田結実さん主演で、妖精のおじさんに遠藤憲一さん、そして最大の敵には城田優さん。そして、田辺誠一さん、青木さやかさん、小手伸也さん、戸塚純貴さんといった個性豊かな実力派俳優陣が出演する爽快で痛快な新感覚お仕事ドラマです。




2019年ドラマが始まり、どのドラマを見ようか迷っている人も多いと思います。


この記事では、「私のおじさん(WATAOJI)」の原作やキャスト、そして、面白いかつまらないかについて、お伝えいたします。

スポンサードリンク

私のおじさん(WATAOJI)とは?

「私のおじさん(WATAOJI)」は、次の放送日時で始まります。


放送日時:2019年1月11日(金)夜23時15分~
放送局:テレビ朝日系列


放送開始時間が違う地域や放送されない地域もあるので、こちらも見てみてください。特に関西は放送開始時間が違うので、気を付けてください。





予告動画はこちらになります。





「私のおじさん(WATAOJI)」は、ポンコツ新人AD・一ノ瀬ひかりと毒舌で性格サイアクな妖精のおじさんのお仕事ライフを描くドラマです。


女優の岡田結実さんは、連ドラ初主演で、失恋と失業でヤケクソになった一ノ瀬ひかり役を演じ、超過酷なロケで有名なバラエティー番組の制作会社に就職し、アシスタントディレクター(AD)となります。


そんなADのもとに、遠藤憲一さん演じる「妖精」を名乗る毒舌おじさんが現れるも、その姿はひかりにしか見えない。


妖精は、ひかりの言えない本音、愚痴をズバズバと口に出し、ひかりと妖精おじさんの珍妙なお仕事ライフが展開される。

私のおじさん(WATAOJI)の原作

私のおじさん(WATAOJI)に原作はあるのでしょうか?


「私のおじさん(WATAOJI)」は原作がないオリジナル作品です。




昨年大ヒットした連続ドラマ「おっさんずラブ」のプロデューサー、貴島彩理さんが手がけるオリジナル作品なので、期待されています。


私のおじさん(WATAOJI)のあらすじはこのようになっています。

恋に破れ、働き口も無くし、人生崖っぷちの一ノ瀬ひかり(岡田結実)が就職したのは、制作会社『テレドリーム』。超過酷ロケで有名なバラエティ番組『限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!』に配属されたひかりは、裸足に革靴の適当プロデューサー・泉雅也(田辺誠一)の雑な指示で、さっそくロケ現場へ。


しかしそこには、理不尽すぎるデブチーフADの出渕輝彦(小手伸也)、働き方改革を盾にするイマドキADの九条隼人(戸塚純貴)、通称ババアのお局APの馬場桃花(青木さやか)、そしてやり手だが“超クソ男”の番組ディレクター・千葉迅(城田優)といった、ヤバすぎる面々と出逢いがあった…。


無理難題ばかり押し付けられ、一生懸命頑張っても怒られるばかり。「もう辞めてやる!」とトイレの個室に泣きながら駆け込むと、「おじさんが慰めてあげようか?」という声が。おそるおそる振り向くと、便器に座って微笑むおじさん(遠藤憲一)の姿が…。


え、変態!?ストーカー!?と絶叫するひかりに、おじさんは自らを「妖精」と名乗り…?


その日から、ひかりにしか見えないらしき“妖精おじさん”は、会社でもプライベートでも四六時中そばにぴったりと張り付き、何かにつけて横から愚痴や文句を挟んでくるようになる。そして、言いたいことも言えず、何事も笑ってやり過ごすひかりに「嬉しくないのに、なんで笑ってるの?ムカついたんじゃないの?」と言い放ち…?


我慢ばかりで疲れ切ったすべての日本人に送る―


忖度0の痛快社会派コメディ、ここに開幕!

私のおじさん(WATAOJI)のキャストや出演者

私のおじさん(WATAOJI)のキャストについて、見ていきましょう。


まずは、主役となるのが、新人ポンコツADの一ノ瀬ひかりです。

一ノ瀬ひかり(岡田結実)




一ノ瀬ひかりは、バラエティ制作会社・テレドリームのポンコツ新人AD。


入社してすぐに、体当たりロケが売りのバラエティ「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」の担当になる。


なんとか拾ってもらったテレドリームに12月やっと就職するが、しょうもないプライドゆえに、親や友人に未だその事実を告げられていない。

おじさん(遠藤憲一)




ある日突然、ひかりにだけ見えるようになった、自称「妖精」のおじさん


性格はすこぶる悪く、超毒舌


「ひかりの味方」かと思いきや、別にそうでもなく、ひかりも容赦なくディスられる。なお、恋愛相談に乗るのもとっても大好き。


「幽霊」と言うと「イヤ妖精だから」と激しく否定する。

千葉迅(城田優)




千葉迅は、テレドリーム「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」担当のディレクター


頑固で口が悪く、不器用。すぐ人の頭を台本で殴る。


女関係に関しては超絶だらしなく、控えめにいっても超クソ男で、キスくらいは誰とでもする。

泉雅也(田辺誠一)




テレドリーム「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のプロデューサー。


イケメンでオシャレでポジティブだが、「ザ・サラリーマン気質」で、上層部にはペコペコ。


本心を読みにくい飄々とした人柄であるため、真逆の人間性である千葉とは口論になりがち。

九条隼人(戸塚純貴)




テレドリーム「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」担当のAD


今どきの冷めた若者で、自分の仕事しかしない。


超SNS依存症であり、何かあればすぐSNSにアップ。情報収集も全部SNS対応。

出渕輝彦(小手伸也)




テレドリーム「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」担当のデブなチーフAD


通称「デブチーフ」で、ADの「バイトリーダー」的な存在


基本的にビッグマウスだが、ささやくように話すので、声がよく聞こえない。


振られた仕事は、表では受けつつも、全て下のADにぶん投げ、自分は合コンやらゲームやらに明け暮れて仕事をしている形跡はあまりない。

馬場桃花(青木さやか)




テレドリーム「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」のAP(アシスタントプロデューサー)


通称「ババア」で、いわゆ怖いお局で、コーヒー買って午後出社が基本。


ネイルやマツエクなど自分磨きに余念がなく、インスタアカウントはmomorita、お酒大好き。

スポンサードリンク

私のおじさん(WATAOJI)は面白い?つまらない?

私のおじさん(WATAOJI)は面白いのでしょうか、つまらないのでしょうか?


Twitterで意見を見てみました。




おじさんが妖精ということで、早くも「面白い」という意見が多いです。


ドラマの設定がまず、面白いので、見てみようという人が多いです。


「一体、どういう設定なの?」って思ってしまいますね。


深夜枠のドラマですが、とりあえず、第1話は見てみようと思います。

まとめ

「私のおじさん(WATAOJI)」の原作やキャスト、そして、面白いかつまらないかについて、お伝えいたしました。


テレビ朝日系列の深夜枠のドラマですが、気になるので、とりあえず、第1話を見てみようと思います。


2019冬ドラマは、深夜枠のドラマのほうが面白そうな気がしますね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【トレース(科捜研の男)】や【後妻業】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→【おっさんずラブ】や話題の朝ドラ【まんぷく】や【カメラを止めるな】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【グッドワイフ】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【3年A組】や【家売るオンナの逆襲】、年末特番の【ガキ使笑ってはいけない】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!