破産者マップが見れない?その理由と見方を調査!運営者を特定?


「破産者マップ」というサイトが開設され、話題となっています。


「破産者マップ」とは、破産者の氏名や住所が地図上に表示されるというサイトです。


もうすでに、「破産者マップ」は見れない状態となっており、なぜ、見れないのか、謎に包まれています。


そこで、「破産者マップ」について見れない理由や運営者について、調べてみました。

スポンサードリンク

破産者マップとは?

破産者マップとは、破産者の住所をGoogleマップ上に表示したもの。


Googleマップ上に赤いピンが立てられ、クリックすると氏名や裁判所、事件番号などの詳細情報が表示。


なぜ、破産者の情報が分かるかというと、官報で公示された破産者の情報をもとにしているとのこと。


官報には掲載されるものの、知られたくない情報がネット上で閲覧できるため、批判の声も多数あがっています。


「破産者マップ」は、現在、集団訴訟を呼びかける動きも始まっているようです。


現在、残念ながら、「破産者マップ」は閲覧することができません。


【破産者マップ】
http://www.hasanmap.tokyo/

(現在はアクセス不可)





破産者マップは、赤いピンが立てられいるところに、破産者がいることを教えてくれるもの。


同じようなサイトに「大島てる」というサイトがあり、こちらは、賃貸物件で事故物件かどうかが分かるサイトで、多くのユーザーに重宝されています。


【大島てる】
http://www.oshimaland.co.jp/

破産者マップは違法なのか?

問題となっている破産者マップは、違法なのでしょうか?




官報に掲載されている情報なので、違法性はないという運営者の見解ですが、個人情報保護法に違反している可能性や名誉棄損にあたる可能性があるという声が多いです。

スポンサードリンク

破産者マップが見れない理由は?見方は?

現在は、破産者マップは見ることができません。


運営者が破産者マップをグレーだと感じて、閉鎖したのでしょうか?


破産者マップは話題となり、1時間あたり230万アクセスを記録したようです。


おそらく、破産者マップは個人の運営と思われるので、そこまでの負荷に耐えれないサーバーの可能性が高く、アクセスに耐えられなかったためにサーバーがダウンしたのではないでしょうか。


現在は、みることができない破産者マップですが、WEB魚拓サービスに破産者マップがキャッシュ保存されていました。


そのURLがこちら
↓↓↓
https://megalodon.jp/2019-0318-0140-10/www.hasanmap.tokyo/


キャッシュ保存された破産者マップは閲覧可能ですが、残念ながら、クリックすることはできません。

破産者マップの運営者が特定?

破産者マップの運営者は、どんな方なんでしょうか?


破産者マップの運営者を見られるTwitterアカウントがありました。


こちらです。




破産者マップの係長だそうです。


名前、職業などは公開しておらず、素性は、全く分かりません。


破産者マップを開設した理由が、どんな理由か分かりませんが、何かしらの目的があったのではないでしょうか?




このマップは、「あなたの近所にいる困っている人、助けて欲しい人がすぐにわかります。困っている人を助けたり、困っている人どおしが仲間になって、助け合ったりすることができます」というのが目的のようです。


人を助けるという目的よりも、知られたくない個人情報が簡単に地図上で見れてしまうことがかなりの問題ですね。

まとめ

「破産者マップ」について見れない理由や運営者について、お伝えいたしました。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!