カネカが育休問題で炎上!パタハラの経緯はどんな内容?ひどい対応まとめ

ニュース

大手企業の「カネカ」がSNSで男性の育休問題で大炎上しています。
 
 
育休をとった男性の妻とみられる人物がSNSで「カネカ」の育休問題について告発したことがきっかけで炎上となりました。
 
 
炎上中に「カネカ」のホームページから育休制度のページが削除され、さらに、話題となっています。
 
 
この記事では、「カネカ」が炎上しているパラハラの経緯がどんな内容かやひどい対応について、まとめたので、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

カネカが育休問題で炎上とは?

きっかけは、育休をとった「カネカ」に勤める男性の妻とみられる人物がSNSへツイートしたことでした。
 
 
そのツイートはこちらです。
 
 


 
 
カネカの育休問題を簡単に説明すると、
 
 

・ツイート主の夫がカネカで育児休暇を取得する
・新居を構えた直後に関西への転勤の内示が出る
・労働組合や都の労働局に相談したが転勤は違法ではないことが分かる
・転勤は受け入れられないので、夫は退職し、専業主夫となる。
・退職前の有給消化は認められなかった

 
 
というもの。育児休暇をとって、職場復帰したところ、新居に引越したばかりなのに、関西への転勤を命じられました。
 
 
ツイッターの投稿主は、パピ_育休5月復帰さんです。
 
 
パピさんは、5月から育休復帰の40代で、夫は、パタハラで退職しており、6月から専業主夫。子供は、2歳と0歳の赤ちゃんとなっています。
 
 
共働きで人生設計を立てているのに、かなりきつい内容ですね。旦那さんが関西転勤となれば、パピさんは、0歳と2歳の子供の世話をしながら、フルタイム勤務となり、家事、育児、仕事を全てこなさないといけないので、かなり厳しそうです。
 
 
6月からは旦那さんが専業主夫をされるということなので、経済的に厳しくなるかもしれませんね。

カネカとはどんな会社?

株式会社カネカは、大阪府大阪市北区中之島と東京都港区赤坂に本社を置く日本の化学メーカー。
 
 
キャッチフレーズは、「カガクでネガイをカナエル会社」
 
 
カネカではさまざまな事業を行っており、化成品、機能性樹脂、発泡樹脂、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維、医療機器事業を営んでいます。最近では、老化の進行を抑制するとされるコエンザイムQ10のトップ原料製造メーカーとして有名で、資生堂薬品、小林製薬、DHCなどに供給しています。
 
 
従業員数は、連結で、9,666人。
 
 
もともと、「鐘淵化学工業株式会社」という名前でしたが、2004年に「株式会社カネカ」へ商号変更しました。

スポンサードリンク

カネカのパタハラの経緯はどんな内容?

パピさんの旦那さんが受けたパタハラとは、どんな内容だったんでしょうか?
 
 
4月上旬、パピさん一家は、新居へ引越しをしました。
 
 
子供が生まれ、育休中だったパピさんの夫は、4月中旬から職場復帰をします。
 
 
職場復帰2日後に5月16日付で関西転勤の内示が出る。
 
 
パピさんの夫が6月で退職したいと伝えるも、カネカ側から退職するなら5月末と言われ、引継ぎがあるので、有給消化できないと言われました。
 
 
本当は、有給消化して、6月末で退職する予定でしたが、会社側からは、5月末と言われてしまいます。6月といえば、大企業ではボーナス月なので、ボーナスを支給せず、退職させようとしているかもしれませんね。
 
 
育休をとって、職場復帰したら、関西転勤を命じられたわけですが、新居に引っ越ししたパピさんからすると、会社の対応に不満を持ってしまいますね。
 
 
パピさんは、夫のパタハラに対して、居住地域の労働局、カネカの人事、労働組合、都の労働局へ相談しています。その結果、出た答えは、「社員の転勤命令は違法ではない」というものでした。
 
 
しかし、そもそも、育休を取得したきっかけは、会社から「男性育休の事例を作らないといけない」と言われていたことにあります。
 
 
パピさんの夫が育休をとりたくてとったわけではなく、会社に勧められて取得したわけです。
 
 
なのに、育休取得後に職場復帰すると、すぐに開催への転勤を内示を出されてしまいます。
 
 
なんとなく、「育休をとったら、転勤させられる」という見せしめのようなものに感じてしまいます。

カネカのひどい対応まとめ

SNSで、このパピさんのツイートは拡散され、大炎上となっています。
 
 
カネカは、静観していると思いきや、不穏な動きがあることに、SNSでは話題となっています。
 
 
それは、炎上後に、カネカのホームページから育休制度のページだけが削除されていました。
 
 
なぜ、削除されたのかは分かりませんが、育休制度のページだけ削除されたことによって、SNS上では、「これこそ、パタハラを認めたことになるのでは?」と言われています。
 
 
削除された育休制度のページはこちらです。
 
 


 
 
このページには、育児休暇制度で育休を取った人数も出ており、2016年度は、男性が3人取得しているとあります。
 
 
この3人は本当に取得したのかは分かりませんが、パピさんの夫のように、パタハラをうけたのでしょうか。
 
 
育休制度のページが削除されているので、何かしらやましいことがあるのかもしれませんね。
 
 
カネカにとっては、この育休問題で大炎上のは、大きなイメージダウンとなるのではないでしょうか。
 
 
この育休制度のページだけ削除されたことに対して、カネカはこのように説明しています。
 
 

「ツイートの内容を受けて故意に削除したわけではない。旧サイトのページが見られるようになっていたことで誤解を招いた。弊社の不手際だった」

 
 
一連のツイートについて、カネカは、「現状、弊社宛の書き込みではないので、コメントは差し控える」と話しているそうです。
 
 
イヤイヤイヤイヤ‥‥‥‥‥。

ネットの声

まとめ

カネカが育休問題で炎上したパタハラの経緯はどんな内容なのかとカネカのひどい対応について、お伝えしました。
 
 
パピさんのツイートは衝撃的でしたが、「社員の転勤命令は違法ではない」という見解も衝撃的でした。
 
 
もともと会社から育休を勧められたのも、何か怪しい感じがしますね。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
では。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・人気月9ドラマ「監察医 朝顔」
・「ルパンの娘」
・「TWO WEEKS」
・「仮面同窓会」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>

・「Heaven? -ご苦楽レストラン-」
・「ノーサイドゲーム」
・「インハンド」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>

・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

ニュース
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました