ミツカンお家騒動の原因はフライング?長女や次女のFacebookや家系図を調査

ニュース

調味料と納豆を主力製品とする会社「ミツカン」でお家騒動があり、連日テレビで報道されています。
 
 
この「ミツカン」のお家騒動が報道されるきっかけは、週刊文春でした。週刊文春で、ミツカン会長の中埜和英氏に対して、次女の夫である中埜大輔氏が告発したことが取り上げられ、発覚しました。
 
 
「ミツカン」のお家騒動を知れば知るほど、あまりにもひどい仕打ちで、人権問題にも関わりかねない問題だと感じました。
 
 
この記事ではミツカンのお家騒動となった原因と長女、次女のFacebookや家系図について、お伝えしたいと思います。

ミツカンのお家騒動とは?

売上高約2400億円、家庭用の食酢で約7割のシェアを誇るミツカン。創業200年超、愛知県半田市の中埜家が代々経営してきた非上場の同族会社だ。
 
 
現在は、中埜家の8代目当主である中埜和英・ミツカングループ代表取締役会長兼CEO(68)がトップを務める。和英氏は、高額納税者全国6位に名を連ねたこともある大資産家でもある。
 
 
しかし今、中埜家にお家騒動が持ち上がっており、それはミツカン本体をも巻き込むほどにエスカレートしているという。
 
 
「すべては私を家族から追い出し、妻や息子と引き離すために画策されたことです」
 
 
そう和英氏を告発するのは中埜大輔氏(38)。和英氏の次女で、次の当主と目される聖子氏(40・ミツカングループ専務)の夫だ。
 
 
大輔氏は2013年、聖子氏と結婚し、中埜家に婿入りすると同時にミツカンに入社。だがほどなく、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようになったという。誤解を解くために直接話したい、と申し入れたら「私と直接話がしたいと言える立場か!」と突き放された。そして結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けた。
 
 
2014年、義父母との関係が改善しないまま英国に居を移していた大輔氏夫妻に男児が誕生。中埜家にとって待望の跡継ぎ誕生を境に、圧力はさらに強まったという。
 
 
「義理の両親にとって、息子が誕生すれば私は用済みだったのでしょう」(同前)
 
 
大阪の物流センターへの異動が指示された大輔氏は単身帰国を余儀なくされる。大輔氏はこの配転命令を「自分を家族から引き離すため」の不当なものであるとして、名古屋地裁に仮処分を申し立てた。
 
 
2016年3月、名古屋地裁は、不当配転との主張を認め、異動を無効とする仮処分が下った。だが、今も大輔氏は日本に一人で暮らし、親子3人の生活は叶わないでいる。
 
 
現在、大輔氏と中埜家・ミツカンとは4件の法的紛争を抱えているが、解決の糸口は見えていない。
 
 
ミツカンの後継者問題に端を発する娘婿との確執について、和英氏は「回答は差し控えさせていただきます」などと回答。ミツカン広報部も「いずれも現在、審理中の事項でございますので、回答は差し控えさせていただきます」とした。

 
 
ミツカングループ代表取締役会長は、中埜和英氏で、ミツカン自体、愛知県半田市の中埜家が代々経営してきた非上場の同族会社です。
 
 
中埜和英氏には、ふたりのお子さんがおり、ふたりも女の子で、跡取りの問題がありました。
 
 
中埜和英氏の次女の夫・中埜大輔氏は、ミツカングループの専務で、次女の聖子氏と結婚し、婿入りすると同時にミツカンに入社するも、和英氏と妻の美和副会長から、些細なことで叱責されるようにり、結婚1年後、ミツカンを退職せよとの勧告を受けるようになりました。
 
 
大輔氏は、義理の父母との仲が険悪なまま、大輔夫妻はイギリスに居を移しますが、2014年に夫妻の間に男の子が生まれると、大輔さんに対する圧力はさらに高まっていきます。
 
 
そして、大阪の物流センターへの異動の指示が出るようになり、家族から引き離すためのものだと感じ、大輔氏は、不当だとして名古屋地裁に仮処分を申し立てました。
 
 
この申し立ては、主張が認められ、異動を無効とする仮処分が下りましたが、大輔氏は日本に一人で暮らしており、妻子と離れて暮らしているようです。
 
 
この他にも大輔氏は、4件の法的紛争を抱えていますが、解決していないという状況です。
 
 
ミツカンのお家騒動は、次女の夫・大輔氏の告発によって、後継者問題が明らかとなりました。

ミツカンのお家騒動の原因は?家系図も

ミツカンのお家騒動の原因は何なんでしょうか?
 
 
中埜和英氏の次女・聖子さんが息子を産んだ時、生後4日後に中埜和英氏から「孫を私の養子にする」との声が夫妻にかかった、とされています
 
 
中埜和英氏は、先ほど書いたように中埜和英氏の子供に男の子がおらず、後継者問題がありました。そのため、後継者となる男性が必要でした。
 
 
中埜和英氏の家系図は、このようになっています。
 
 
・父‥‥‥中埜和英
・母‥‥‥西野美和
・長女‥‥中埜裕子
・次女‥‥中埜聖子ー中埜大輔(娘婿)
 
 

 
 
長女の裕子さんは、専務取締役を務めていますが、後継ぎとしては次女である聖子さんが就くと言われています。そして、その次の後継ぎが大輔夫妻の生まれてきた息子である、と目されています。
 
 
ミツカンのお家騒動は、後継者問題で、娘婿である中埜大輔氏は、次女の聖子さんとの間に男の子を設けるためだけに結婚したのではと言われています。
 
 
中埜大輔氏としては、納得できないことなんだと思います。
 
 
中埜大輔氏は、中埜家・ミツカンとの間には4件もの法的紛争があり、現在も解決の兆しは見えてこなとのことです。
 
 
しかしながら、中埜和英氏は、なぜ、ここまで大輔氏を嫌っているのでしょうか?その理由が見えてきませんね。ハナから大輔氏は、種馬目的での結婚だったんでしょうか。

中埜和英の長女や次女のFacebook

中埜和英氏の長女は、中埜裕子氏で、次女は、中埜聖子氏ですが、どんな方なんでしょうか?
 
 
今回登場している5人のFacebookアカウントを特定してみましたが、残念ながら、本人と特定できるようなアカウントは確認できませんでした。
 
 
何か新たに情報が分かりましたら、追記したいと思います。

とくダネやグッディでは中埜和英会長に忖度?

ミツカンのお家騒動は、5月31日にグッディで取り上げられ、出演している安藤優子さんのコメントが中埜和英会長よりだったため、「中埜和英氏への忖度」だと炎上しました。
 
 


 
 
6月4日には、「とくダネ!」で取り上げられ、小倉智昭さんのコメントがまたしても「忖度」だと炎上しています。
 
 


 
 
「とくダネ!」で、小倉智昭さんは、ミツカンのお家騒動について、「気の毒に見えるけど、今回の告訴は大輔さんに利益がないと思う」をコメントしており、コメンテーターの古市憲寿さんも「娘婿の養子に入る覚悟を決めたのなら黙って我慢するべき」とコメントしています。
 
 
二人とも、中埜和英会長側の意見をしており、大輔氏には批判的でした。
 
 
確かに、今回、大輔氏は法的に告発を起こしていますが、仮に大輔氏が勝ったとしても、ミツカンでの大輔氏の居場所はなくなる可能性が高いです。
 
 
大輔氏は、中埜和英会長の自分の扱いに不満を持っていると思いますが、そもそも娘婿の養子に入り、ミツカンに入った段階で覚悟は必要だったのかもしれませんね。
 
 
告発については、ミツカン側は圧倒的に力があるので、なんとなく、ミツカンが勝ってしまいそうな気もしますね。

ネットの声

まとめ

ミツカンお家騒動の原因はフライングなのかや長女や次女のFacebookや家系図について、お伝えいたしました。
 
 
中埜大輔氏と中埜和英氏、ミツカンとの間には、4件の法的紛争があり、今後、どうなるのか注目したいと思います。
 
 
ミツカン会長の次女については、こちらも見てみてください。
 


 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・人気月9ドラマ「監察医 朝顔」
・「ルパンの娘」
・「TWO WEEKS」
・「仮面同窓会」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>

・「Heaven? -ご苦楽レストラン-」
・「ノーサイドゲーム」
・「インハンド」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>

・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

ニュース
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました