モスバーガー福岡市南区の店舗はどこ?使用期間切れの食材で内部告発

ニュース

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の福岡市の店舗で、客に安全に提供できる時間として独自に定めた「使用期間」切れの食材が使われていたことが話題となっています。
 
 
「モスバーガー」といえば、先日、食中毒が起きたこともありました。
 
 


 
 
この記事では、使用期間切れの食材で内部告発があったモスバーガー福岡市南区の店舗はどこなのかについて、お伝えいたします。

スポンサードリンク

モスバーガーの使用期間切れの食材で内部告発

ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の福岡市南区の店舗で、客に安全に提供できる時間として独自に定めた「使用期間」切れの食材が使われていたことが、内部告発で分かりました。モスフードサービスは今年1月、違反を確認。常習的に行われていたとして、フランチャイズ契約を結ぶ長崎県の会社を指導した。

 
 
モスバーガーは微生物検査や官能検査を行い、科学的データに基づいて「お客さまに安全を提供」できる「使用期間」を食材ごとに設定しており、期間を過ぎた食材は廃棄するよう求めており、作り置きも禁止していました。
 
 
使用期間切れの食材を使っていたというのは、具体的にどんなことをしていたのでしょうか?
 
 
該当店舗では2016年4月ごろから、休日の繁忙時に「モスライスバーガー焼肉」の焼き肉を数人前作り置きをしていました。
 
 
調理後の焼き肉の使用期間は「5分」ですが、時間管理をせずに保温し、客に提供していました。調理後の焼き肉は、数時間保温された状態だったといいます。
 
 
モスフードサービスは「あってはならないマニュアル違反」としていますが、衛生面については「加熱調理済みの製品を85~170度の高温で保管しており、直ちに健康に影響を与える品質劣化の可能性は低い」としています。
 
 
今回、使用期間切れの食材で内部告発があったモスバーガーの店舗は、福岡市南区ですが、どこの店舗でしょうか?

モスバーガー福岡市南区の店舗はどこ

モスバーガー福岡市南区の店舗は、該当店舗が1店舗しかありません。
 
 
問題となった店舗は、「モスバーガー 福岡野間店」となります。
 
 
場所:モスバーガー 福岡野間店
住所:〒815-0041 福岡県福岡市南区野間2丁目2−3

使用期間切れの食材を利用していた理由は?

使用期間切れの食材を利用していた理由はどんなものだったんでしょうか?
 
 
「野菜などの使用期間を延ばすために、店長の指示で仕込み時間の改ざんも行った」とのことです。
 
 
店長は、「人手不足から勝手な判断でやってしまった」と話しており、店長が人手不足から使用期間切れの食材を使ってしまったようです。
 
 
2016年4月ごろから、休日の繁忙時に「モスライスバーガー焼肉」の焼き肉を数人前の作り置きをしていたようなので、3年間ほど、あってはならないマニュアル違反をしていたようです。
 
 
健康に影響を与える品質劣化の可能性は低いですが、焼き肉の質は落ちているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ネットの声

まとめ

使用期間切れの食材で内部告発があったモスバーガー福岡市南区の店舗はどこなのかについて、お伝えいたしました。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

・人気月9ドラマ「監察医 朝顔」
・「ルパンの娘」
・「TWO WEEKS」
・「仮面同窓会」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>

・「Heaven? -ご苦楽レストラン-」
・「ノーサイドゲーム」
・「インハンド」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>

・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

ニュース
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました