阪神・鳥谷敬が連続試合出場ストップ!歴代の連続試合出場ランキングは?

スポーツ

5月29日、阪神タイガースの鳥谷敬選手の連続試合出場が
止まりました。

連続試合出場記録は、1939試合となりました。
鳥谷選手の連続試合出場記録と
歴代の連続試合出場ランキングについて、
お伝えしたいと思います。
 
 

スポンサードリンク

鳥谷選手の連続試合出場記録は?


 
 
阪神タイガースにとって、鳥谷選手が出場するのが
もはや当たり前でしたが、いつから、
記録はつづいているのでしょうか?
 
 
鳥谷選手は、
ルーキーイヤーの2004年9月9日の甲子園球場でのヤクルト戦から、
5月27日の甲子園球場での巨人戦まで連続試合出場をしました。
 
 
5月29日、交流戦初日のソフトバンク戦で、出場する機会がなく、
連続試合出場は、1939試合で止まりました。
 
 
1939試合の連続試合出場記録は、
プロ野球歴代2位で、1位は衣笠祥雄で2215試合で、
あと、276試合で1位となるところで記録がストップとなりました。
 
 
2018年は、打率が.143と低迷し、上向かず、
直近では、代打での出場を続けていました。
 
 
2017年は、143試合にフル出場し、
打率は、.293、打点は14、本塁打は4本でした。
 
 
2018年も期待されていましたが、うーん、残念ですね。
 
 

歴代の連続試合出場ランキング

 
 
連続試合出場記録が途絶えたわけですが、
1939試合連続で試合に出場するというのは、
誰にも真似のできないとんでもない記録です。
 
 
歴代の連続試合出場ランキングで2位ですからね。
歴代の連続試合出場ランキングは、どうなっているかというと。
 
 
1位 衣笠祥雄(広島カープ) 2215試合
2位 鳥谷敬(阪神タイガース) 1939試合
3位 金本知憲(広島カープ~阪神タイガース) 1766試合
4位 松井秀喜(読売ジャイアンツ)1250試合
5位 飯田徳治(南海ホークス~国鉄スワローズ) 1246試合
 
 
そうそうたる選手ですね。
1位の衣笠祥雄選手は、17年間連続して出場しての記録で、
いかにケガをせず、プレイし続けてきたかということが
分かります。
 
 
そういや、鳥谷選手も連続試合出場が危ぶまれたことがありました。
 
 
2017年5月24日の甲子園球場での巨人戦で、
顔面に死球を受け、鼻骨を骨折しました。
翌日にも試合が控えていて、出場が危ぶまれましたが、
顔に黒いフェースガードをつけて出場しました。
鼻骨を骨折しても、連続試合出場記録のために、
試合に出場したわけです。
 
 
どんなことがあっても、途絶えることがなかった
連続試合出場記録だったわけです。
 
 
でも、あまりの不調だと、さすがに、
連続試合出場の記録継続のための代打と
思われても仕方ないですね。
 
 
これで、金本監督も悩むことなく、
選手起用できるんじゃないでしょうか?
 
 
5月29日のソフトバンク戦は勝てそうだったのに、
モヤモヤが多い試合でした。
チャンスでロサリオに回ってきますからね。
明日の試合に期待したいと思います。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
では。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>


・人気月9ドラマ「ラジエーションハウス」
・「ストロベリーナイトサーガ」
・「ミラーツインズ」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>


・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>


・「わたし、定時で帰ります」
・「インハンド」
・「集団左遷」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>


・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

スポーツ
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました