阪神電車で座席に薬品で重度のやけど!犯人と犯行理由は?

阪神電鉄の座席に座った男性が重度のやけどを負っていたというニュースが話題となっています。


電車の座席に座るだけで、重度のやけどを負うという怖いニュースですが、どんなことが起きていたのでしょうか?


この記事では、阪神電車で座席に薬品で重度のやけどの事件で、犯人と犯行理由について、考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

阪神電車で座席に薬品とはどんな事件?

ニュースによると、9月3日(月曜)、阪神電鉄本線の甲子園-梅田間で、電車の座席に座った50代男性が尻に重度のやけどを負っていたようです。


座った座席には、座席が液体でぬれており、何者かが薬品をまいた可能性があるとして、傷害などの容疑で捜査をしています。


実際に男性が、電車の座席に座った電車は、9月3日(月曜)の午前11時頃で、西宮発梅田行きの急行電車に甲子園駅から乗車しました。


一旦、席に座ったが、クッション部分がぬれていることに気付き、席を移り、尻にピリピリとした痛みがあり、座席の足元には、ラベルのないペットボトルがあったようです。


この男性は、「化学熱傷」と診断されて、入院し、現在も入院しています。


電車のクッションに触れた部分がただれているということなので、かなり強い薬品だったのかもしれません。


これは、本当に怖いニュースですね。


犯人は、いつ、薬品をまいたのでしょうか?


西宮発梅田行きの急行電車に甲子園駅から乗車したとあるので、西宮駅に停車している間にまいたのか、西宮駅から甲子園駅の間にまいたのか、それとも、折り返す前にまいたのかが考えられます。


ペットボトルが座席の下に置いてあることを考えると、車掌さんがまだ気づいていないタイミングなので、西宮駅に停車している間か、西宮駅から甲子園駅の間にまいたのではないでしょうか。


11時という時間帯だと、目撃者がたくさんいてもよさそうですよねー。

犯人は捕まったのか?

現在は、阪神電車で、薬品をまいた人物を傷害などの容疑で捜査しています。


犯人は、まだ捕まっていないようです。


犯人が捕まらないと、また、同じような事件が起きてしまいそうです、怖いですね。


今回、まかれた薬品で座席が濡れていたようですが、座席が濡れていて、そこに座るだけで、重度のやけどを負うということは、かなり強い薬品だったのでしょうか?


<2018年9月28日追記>
まかれた薬品が判明しました。


9月28日、大阪市に住む20代の会社員が神戸地検に書類送検され、リュックサックに入れた業務用洗剤をあやまって座席にこぼしたということが分かりました。


あやまって座席にこぼした薬品は、強アルカリ性の業務用洗剤だということです。

犯行理由は?

犯人の犯行理由ってどんな理由だったんでしょうか?


電車に乗っている不特定多数を狙った事件なのか、愉快犯なのか、それとも、なんかのミスなのか…。


いずれにしても、電車の中での犯行って怖いですよね。


新幹線の中でもよく事件が起きていますが、在来線にもカメラなどの設置が必要なのかもしれません。


カメラが設置されれば、犯罪の抑制にもなりそうですしね。


<2018年9月28日追記>
不特定多数を狙った事件ではなく、間違って洗剤をこぼしてしまったわけですが、どういった状況だったのでしょうか?


職場の洗剤を自宅で使うため、ペットボトルに移し入れてリュックサックで持ち運んでいたようです。


座席の上に置いたリュックサックから洗剤がもれ出ていることに気付き、座席に薬品がこぼれたとのことです。


業務用洗剤なのに、怖すぎますね…。

ネットの声

まとめ

阪神電車で座席に薬品で重度のやけどの事件について、お伝えいたしました。


事件は、9月3日(月曜)の午前11時頃で、西宮発梅田行きの急行電車でした。


座席が濡れていたということなので、被害を受けないためにも、座席が濡れているか確認して、座席に座らないと危険ですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!