阪神タイガースの試合日程はどうなる?雨で中止分を消化できるのか

2018年のプロ野球ペナントレースも9月に入り、終盤戦となってきました。


セリーグは、1強で広島カープが圧倒的な強さを見せて、このままペナントレースを制覇しそうです。


2位以下は、団子状態で、どのチームがクライマックスシリーズに進出してもおかしくない状態となっています。


残り試合で、どのチームがクライマックスシリーズに進出するのか決まりますが、2018年は、大雨や台風により中止となった試合が非常に多く、特に、阪神タイガースは、9月16日時点で、残り試合が21試合も残っています。


気になるのは、阪神タイガースがクライマックスシリーズまでに残り試合をすべて消化できるかだと思います。


この記事では、クライマックスシリーズまでの阪神タイガースの試合日程ともし、残り試合をできなかったら、どうなるのかを調べてみたので、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

阪神タイガースの試合日程はどうなる

阪神タイガースの9月から10月にかけての試合日程はどうなっているのかについて、見ていきましょう。


9月16日時点で、阪神タイガースの残り試合数は21試合です。


9月17日(月) 横浜DeNA(横浜スタジアム)

9月18日(火) 予備日

9月19日(水) ヤクルト(神宮)
9月20日(木) 広島(マツダスタジアム)
9月21日(金) 広島(マツダスタジアム)
9月22日(土) 広島(マツダスタジアム)
9月23日(日) 巨人(甲子園)
9月24日(月) 巨人(甲子園)

9月25日(火) 予備日

9月26日(水) 横浜DeNA(甲子園)
9月27日(木) 横浜DeNA(甲子園)
9月28日(金) 中日(ナゴヤドーム)
9月29日(土) 中日(ナゴヤドーム)
9月30日(日) 中日(ナゴヤドーム)
10月1日(月) 横浜DeNA(甲子園)
10月2日(火) 広島(マツダスタジアム)
10月3日(水) 広島(マツダスタジアム)
10月4日(木) ヤクルト(甲子園)
10月5日(金) 中日(甲子園)
10月6日(土) 横浜DeNA(甲子園)
10月7日(日) ヤクルト(神宮)
10月8日(月) ヤクルト(神宮)

10月9日(火) 予備日
10月10日(水) 予備日
10月11日(木) 予備日
10月12日(金) 予備日

10月13日(土) クライマックスシリーズ第1戦



阪神タイガースの9月から10月にかけての試合は、9月19日(水)から6連戦、9月26日(水)から13連戦となっています。


残り試合21試合に対して、予定は20試合しかなく、9月9日の甲子園での巨人戦が中止になりましたが、この試合の振り替えがまだ決まっていません。


ニュースでは、9月25日(火)の予備日に9月9日を振替を実施すれば、「20連戦となる」と話題になりましたが、おそらく、10月9日(火)~10月12日(金)の予備日に組み込まれるのではないでしょうか。


13連戦が決まっており、阪神タイガースの9月~10月の試合日程は、かなり過密スケジュールとなっています。

阪神タイガースの試合日程が紹介できないとどうなる?

クライマックスシリーズまでの残りの予備日は、

9月18日(火) 予備日
9月25日(火) 予備日
10月9日(火) 予備日
10月10日(水) 予備日
10月11日(木) 予備日
10月12日(金) 予備日

となっていますが、これから予定されている試合で、雨天中止をなることも考えられます。


クライマックスシリーズが10月13日(土)から始まるので、どんな遅くとも、10月12日(金)までにペナントレースの試合を消化しなくてはいけません。


もし、10月12日(金)までにペナントレースの試合を消化できなければ、どうなるのでしょうか?


セリーグのペナントレースのルールとしては、10月11日(木)時点で、ペナントレースの順位が決まります。


10月11日(木)時点で、残り試合があったとしても、10月11日(木)時点の順位でクライマックスシリーズが行われます。


例えば、その後に残り試合を消化し、3位と4位が入れ替わったとしても、10月11日(木)時点の順位でクライマックスシリーズに進出するチームが決まるということです。


2018年は消化できていない試合が多いので、ペナントレースの順位が4位なのに、クライマックスシリーズに進出するという珍現象が起きてしまうかもしれません。

スポンサードリンク

雨で中止分の試合が消化できない場合、どうなる?

では、雨で中止分の試合が10月11日(木)までに消化できなかった場合、どうなるんでしょうか?


実は、現時点で、どうなるのかは、発表されておりません。


ペナントレース終了後は、クライマックスシリーズ、日本シリーズと開催されるので、その期間とは別の日程で、消火試合が開催される可能性が高いです。


その消化試合は、個人の成績については反映するけど、試合の勝敗は順位に反映しないとのことです。


なんだか、ややこしいですよね?


こういったイレギュラーなことにならないように、10月11日(木)までにすべての試合が消化できるように試合日程が組まれると思います。


最悪、ダブルヘッダーでの開催ということも出てくるのではないでしょうか。

ネットでの声

まとめ

クライマックスシリーズまでの阪神タイガースの試合日程ともし、残り試合をできなかったら、どうなるのかについてお伝えいたしました。


残り試合で、3試合以上、雨天中止となると、10月11日(木)までにすべての試合が消化できない可能性が出てきます。


9月は、台風がきたり、雨が降ることが多いので、今後の阪神タイガースの試合日程が消化できなくなるかもしれません。


どういった試合日程となるのか、注目したいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!