2018年9月から風疹(ふうしん)が大流行!その理由といつまで?

2018年9月、風疹(ふうしん)が大流行の兆しがあると報道されています。


既に昨年1年間の風疹の患者数を超え、大流行する兆しがあると言われています。


この記事では、2018年9月から大流行の兆しがある風疹(ふうしん)と流行の理由といつまで続くのかについて、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

2018年9月から風疹(ふうしん)が大流行とは?

風疹の感染者が、9月9日までの1週間で、全国で127人となり、2017年の5倍以上の496人となりました。


1週間ごとの統計でみると、1週間あたり感染者が100人を超えたのは、2018年に入って、初めてだということです。


2017年の風疹の感染者は93人でしたが、2018年の風疹の感染者は496人となりました。


最も多いのは東京都の32人、次に千葉県の27人となっており、関東中心に流行の兆しがあるおうです。


風疹は、妊婦が感染すると胎児に影響を与える可能性があることから、予防接種を受けていない人は、予防接種を検討する必要があります。

風疹(ふうしん)が流行する理由とは?

2018年の風疹は、30代~50代の男性が中心となっています。


大人から大人に感染が広がるので、大流行する可能性があります。


また、30代~50代の男性は、風疹の免疫を持っていない人が多く、風疹にかかりやすい年齢となっており、症状が出る 1 週間前から周りへの感染力があります。そのため、気づかない間に感染してしまう可能性があります。


こういった理由から、風疹(ふうしん)が大流行となる危険性があるわけです。


風疹の潜伏期間は、14〜21 日で、初期症状としては、発熱、全身の発疹、眼球結膜の充血などがあります。


人から人への感染は、くしゃみや咳、唾液のしぶきなどの飛まつによって、感染します。


特に、30~50 代の男性は、風疹への抵抗力が弱い人が多いので、ワクチンの接種が必要です。

スポンサードリンク

風疹(ふうしん)の流行はいつまで続く?

まだ、大流行とはなっていませんが、大流行する兆しを見せています。


収束する可能性もありますが、人から人へ感染するため、急激に感染者が増える可能性もありそうです。


いつまで続くのかは読めませんが、今、できることは、ワクチンを接種したり、むやみに外出しないなど、予防していく必要があります、

ネットの声

まとめ

2018年9月から大流行の兆しがある風疹(ふうしん)と流行の理由といつまで続くのかについて、お伝えいたしました。


風疹が大流行となる前に、ワクチンの接種をしたりして、予防したいものですね。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!