人材派遣健康保険組合が解散!その理由はなぜ?

国内2位の規模となる健康保険組合の「人材派遣健康保険組合」が解散するとニュースになっています。
&npsp;
&npsp;
国内2位の規模の健康保険組合が解散となる気になるニュースですが、どういった理由で解散することになったのでしょうか。
&npsp;
&npsp;
この記事では、「人材派遣健康保険組合」が解散する理由と健康保険組合について、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

健康保険組合とは?


健康保険組合は、2017年度決算で、1394組合あり、その中の国内2位の規模となる健康保険組合が「人材派遣健康保険組合」です。
&npsp;
&npsp;
1394組合のうち、580組合は赤字となっています。
&npsp;
&npsp;
健保組合「人材派遣健康保険組合」は、主に派遣社員やその家族が加入する保険組合で、全国で、51万人が加入しています。
&npsp;
&npsp;
「人材派遣健康保険組合」が解散となれば、既に加入している51万人は、中小企業が入る「協会けんぽ」に移ることになります。
&npsp;
&npsp;
「協会けんぽ」の平均保険料率は、10%となっています。

人材派遣健康保険組合が解散する理由はなぜ?

国内2位の規模の健康保険組合「人材派遣健康保険組合」がなぜ、解散となってしまったのでしょうか?
&npsp;
&npsp;
主な理由は、加入者の高齢化と65歳以上の医療費を賄うための支出が大きくなってきたからです。
&npsp;
&npsp;
高齢者の医療費は、健保組合の拠出金で賄う仕組みとなっており、高齢化が進めば進むほど、拠出金が増えていきます。
&npsp;
&npsp;
そのため、赤字となり、健康保険組合を維持できなくなります。
&npsp;
&npsp;
「人材派遣健康保険組合」の2018年度予算は、12億円の赤字だったようで、積立金を崩しながら、運営していたようです。
&npsp;
&npsp;
赤字となれば、企業と従業員が折半する保険料率が上昇し、現在は、9.7%となっており、今後、さらに上がるとなると、「協会けんぽ」に移行したほうが負担軽減となるので、解散となりました。
&npsp;
&npsp;
「人材派遣健康保険組合」と同じように、16万4千人が加入する「日生協健康保険組合」も解散となっています。
&npsp;
&npsp;
これから、より高齢化が進むのは間違いないので、「人材派遣健康保険組合」と同じように解散することとなる健康保険組合が増えていくのではないでしょうか。
&npsp;
&npsp;
みんなで支えあうという仕組みでしたが、健康保険組合の仕組み自体、崩れていくのかもしれません。

スポンサードリンク

ネットの声

まとめ

「人材派遣健康保険組合」が解散する理由と健康保険組合について、お伝えしました。
&npsp;
&npsp;
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
&npsp;
&npsp;
では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!