リステリンが自主回収されるのはなぜ理由は?対象商品とロットも

9月27日、ジョンソン・エンド・ジョンソンがマウスウォッシュの「リステリン」を自主回収すると発表がありました。


「リステリン」といえば、口のにおいや粘着きを抑えるもので、愛用している人も多いと思います。


自宅にある「リステリン」が自主回収対象なのか、気になるのではないでしょうか。


この記事では、リステリンが自主回収されるのはなぜなのか、理由と対象商品、ロットについて、お伝えいたします。

スポンサードリンク

リステリンとは?

医薬部外品マウスウォッシュのブランド名が「リステリン」です。


現在は、ジョンソン・エンド・ジョンソンから発売されています。


歯磨きだけでケアできるのは、口の表面積のわずか25%で、リステリンによって、口全体をケアすることができます。


リステリンの使い方は、リステリンを適量、口に含み、よくすすいでから吐き出るだけです。その後、歯磨きを行います。、


リステリンは、10種類の商品が存在します。




・リステリン トータルケアゼロ プラス
・リステリン トータルケア プラス
・薬用リステリン ハグキケア
・薬用リステリン ムシバケア



・リステリン ホワイトニング
・薬用リステリン クールミント ゼロ
・薬用リステリン オリジナル
・薬用リステリン フレッシュミント



・薬用リステリン クールミント
・薬用リステリン ターターコントロール

スポンサードリンク

リステリン自主回収の理由はなぜ?

「リステリン」が自主回収となったことをジョンソン・エンド・ジョンソンが9月27日に発表しました。


「リステリン」に一体、何があったんでしょうか?


自主回収の理由は、「リステリン」の一部に虫が混入したためです。


対象となる商品は、タイの工場で製造され、それぞれ1件ずつ体長1~2ミリの虫が見つかったということです。


虫が混入されていましたが、健康被害には問題がないとのことです。


自主回収の対象となる商品は、一部の商品となります。

リステリンの対象商品とロット

自主回収の対象となる商品とロットは次のようになっています。


<自主回収の対象商品>
(1)サンプル配布した「リステリン ムシバケア」の100ミリリットル入り

(2)通常に販売した「リステリン トータルケア ゼロ プラス」250ミリリットル入り




<自主回収の対象ロット>
(1)C8152A8062
(2)H8201L8099



ロットについては、ボトル側面に書かれています。


もし、自宅にリステリンがあるのであれば、チェックが必要です。

なぜか、公式ホームページに情報がない

今回のリステリン自主回収のニュースですが、なぜか、公式ホームページに自主回収の情報がありませんでした。


リステリンのホームページ

ジョンソンエンドジョンソンの公式ホームページ


公式ホームページにニュースリリースとかあってもよさそうですが、見つけることができませんでした。

ネットの声

まとめ

リステリンが自主回収されるのはなぜなのか、理由と対象商品、ロットについて、お伝えいたしました。


リステリンが虫が混入している可能性があるため、自主回収となりました。


サンプルは交換となり、販売したものは返金対応となるようです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!