NHK朝ドラマ「まんぷく」のタイトルの意味は?あらすじも!

10月1日(月曜)から始まったNHK連続テレビ小説「まんぷく」


「半分、青い。」から朝ドラのバトンが「まんぷく」に渡りましたが、今回のタイトルは、「まんぷく」ひらがなのタイトルです。


ひらがなのタイトルで、どんな意味なのか気になるところです。


この記事では、NHK朝ドラマ「まんぷく」のタイトルの意味とあらすじについて、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

NHK朝ドラマ「まんぷく」のあらすじ




2018年秋の連続テレビ小説(朝ドラ)「まんぷく」は、インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルにしているフィクションドラマです。


主人公のヒロインは、戦前の大阪に生まれた今井福子(安堂サクラ)


福子は、おおらかな性格で楽天家、そして、食べるのが何よりも大好きで、青年実業家の立花萬平(長谷川博己)と出会います。


福子は、萬平に出会い、恋に落ち、母・鈴(松坂慶子)の反対を乗り越え、結婚。


結婚後、2人を待っていたのは、想像を絶する結婚生活で、事業を手掛けるも、結果は大成功と大失敗の繰り返しで、鈴は安定した生活を求め、2人の結婚生活に口を出し続けます。


萬平と鈴に挟まれながらも、持ち前の明るい性格で、奮闘し、やがて、見事なマネジメント能力を発揮します。


晩年にようやく大成功を収めたという波乱の人生、どうなっていくのか、気になります。

NHK朝ドラマ「まんぷく」のタイトルの3つの意味



NHK朝ドラマ「まんぷく」、この「まんぷく」のタイトルには、「満腹」「萬福」「万福」という3つの意味が込められています。


それぞれについて、紹介していきたいと思います。

満腹

NHK朝ドラマ「まんぷく」のモデルは、インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生です。


食をテーマにしており、「おなかがいっぱいになれば幸せになる」という意味が込められています。

萬福

2つ目は、ヒロインの夫の名前である萬平(まんぺい)さんと、ヒロインの名前である福子さんの頭の文字をとって「萬福(まんぷく)」という意味。


これは、分かりやすいタイトルのように思います。

万福

3つ目は、「ばんぷく」と読むようですが、意味は「幸せに満ちあふれる」ことです。


日本の朝が幸せに満ちあふれたものになるように、という願いを込められています。


この3つの意味がこめられて、「まんぷく」というひらがなのタイトルに決定したとのことです。

まんぷくのタイトルに対するネットの声

まとめ

NHK朝ドラマ「まんぷく」のタイトルの意味とあらすじについて、お伝えしました。


「まんぷく」のタイトルには、3つの意味がこめられており、「満腹」「萬福」「万福」という意味からタイトルを決定したとのことです。


ドラマの舞台は戦前の大阪で、インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルにしており、レトロな雰囲気が可愛いですねー。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!