引地秀一郎(倉敷商業)の出身中学や球種は?星野2世と呼ばれる理由も

今、注目をあつめている倉敷商業の引地秀一郎を
ご存知でしょうか?

球速151キロのストレートを投げ、
プロのスカウトからも注目されている。


そんな注目度の高い引地秀一郎について、
お伝えしたいと思います。


スポンサードリンク

引地秀一郎(倉敷商業)とは?




名前:引地秀一郎(ひきじ しゅういちろう)
生年月日:2000年6月3日
出身:岡山県岡山市
身長:186センチ
体重:82キロ
ポジション:投手
投打:右投右打


倉敷商業では、入学当初から注目され、
1年の夏に準決勝の先発マウンドを任されました。
2年の夏にはエースナンバーを背負い、
気迫あふれる投球で、星野2世と呼ばれるようになりました。


既に、プロ野球球団のスカウトからも注目されており、
今後の進路がきになるところです。

引地秀一郎の出身中学は?



引地秀一郎の出身中学は、岡山市立高松中です。
岡山市立高松中では、軟式野球部に所属していました。
軟式野球でありながら、ピッチャーとして、
最速137キロを投げ、中学3年の夏、岡山県大会で準優勝し、
全国中学校軟式野球大会にも出場しています。


全国大会では、7回自責点0失点1と好投しますが、
1回戦で敗れています。


最速137キロを投げるピッチャーとして、
中学時代から注目を集めていました。

引地秀一郎の球種は?



引地秀一郎の持ち味は、最速151キロの威力のある
ストレートですが、ストレート以外の投げる球種には、
縦のスライダー、カーブ、フォークなどがあります。


変化球も投げれるのですが、
ストレートに強いこだわりがあり、
ストレートを武器にして、チームを勝利に
導いていくとのことです。

引地秀一郎が星野2世と呼ばれる理由は?



引地秀一郎は、星野2世と呼ばれています。


星野とは、元阪神タイガース監督の星野仙一さんです。


星野仙一さんは、倉敷商のOBで、
引地秀一郎の先輩にあたります。
星野2世と呼ばれているのは、出身高校が同じだけじゃなくて、
投球スタイルにあります。


最速151キロのストレートが持ち味で、
打者に向かって、どんどん投げ込んでいく
熱い投球スタイルが星野さんのスタイルを継いでおり、
星野2世と呼ばれています。

引地秀一郎はドラフト候補?



引地秀一郎は、阪神タイガースがドラフト候補として、
マークをしています。
引地秀一郎は、まだ甲子園に出場していませんが、
阪神の球団関係者は、
「体は大きいし、強いボールを投げる。この1年でどれだけ成長するかが楽しみ」
と話しております。


阪神タイガースの2017年のドラフト選手は・・・


1位 馬場皐輔(仙台大)
2位 高橋遥人(亜大)
3位 熊谷敬宥(立大)
4位 島田海吏(上武大)
5位 谷川昌希(九州三菱自動車)
6位 牧丈一郎(啓新)


高校生ドラフトは6位の牧丈一郎のみで、
ドラフト上位は大学生となりました。


阪神タイガースの今年秋のドラフトでは、
大阪桐蔭の根尾昂をマークする方針ですが、
引地秀一郎投手も注目されています。


阪神タイガースの現在の先発の中心は、
メッセンジャーや秋山となっており、
エース候補である藤波や岩貞は、安定感がなく、壁にぶつかっています。
阪神タイガースが投手王国となるには、
次代のエース候補が必要になってきます。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】ジャニーズファン必見【Ride on time】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ララランド】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【初めて恋をした日に読む話】、【中学聖日記】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!