【まんぷく】白馬の王子歯医者牧善之介(浜野謙太)は実話だった!モデルも

まんぷく

NHK連続テレビ小説「まんぷく」第1週の10月4日放送では、謎の歯科医・牧善之介(浜野謙太)が白馬に乗って、登場しました。
 
 
咲姉ちゃんがモテたという話から、いきなり、白馬に乗って、お金持ちの歯医者さんの登場に驚いた人も多いと思います。
 
 
「まんぷく」は、戦前の大阪を舞台としていますが、当時、本当に白馬に乗ってる人がいるのかどうかや牧善之介のモデルはあるのかや実話なのかについて、気になったので、お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

【まんぷく】白馬に乗る歯医者・牧善之介とは?


 
 
10月4日放送の「まんぷく」登場したのが、牧善之介(まき ぜんのすけ)
 
 
浜野謙太さんが演じる牧善之介(まき ぜんのすけ)は、お金持ちの歯医者さんです。
 
 
牧善之介が乗る白馬は、「蘭丸」というようです。
 
 


 
 
福ちゃんの長姉・咲姉ちゃんに白馬に乗って、交際を申し込むも断られてしまいます。
 
 
断られた理由は、背が低いという理由で、咲の母から断られてしまいます。

【まんぷく】牧善之介は実話だった!モデルは?

「まんぷく」は、インスタントラーメンを生み出した実業家・安藤百福(ももふく)さんとその妻・仁子(まさこ)さんの半生をモデルにしているフィクションドラマです。
 
 
牧善之介が白馬に跨って、長女に交際を申し込むという話は、実話でした。
 
 
牧善之介は、福ちゃんのモデルである「安藤仁子」の近所に住んでいた歯科医師です。
 
 
安藤仁子の長女・晃江(てるえ)に好意を抱いて、白馬にのって、安藤家に通い、交際を申し込んだと言われています。
 
 
モデルとなる安藤家の長女の晃江と仁子の歳の差は9歳となります。
 
 
安藤家は、もともと、とても裕福な家庭で、長女の晃江はいわゆるお嬢様で、男性には人気があり、交際の申し込みが数多くあったそうです。
 
 
咲のモデルとなった「安藤晃江」はモテモテの美人だということです。
 
 
男性にかなり人気もあっただけに、白馬にのった歯医者さんをあっさり断ってしまったのかもしれません。
 
 
そして、第4回の放送では、大谷亮平さん演じる小野塚真一さんと咲姉ちゃんは、めでたく結婚することとなります。
 
 
結婚式での福ちゃんは、幻灯機がうまく動かず、急遽行ったスピーチで、咲姉ちゃんのモテモテぶりが披露されます。
 
 


 
 


 
 
無事、結婚式が終えましたが、気になるのが、浜野謙太さんがあのシーンだけの登場なのかということ。
 
 
牧善之介という役名で、白馬の名前が「蘭丸」と、きっちりした設定があるだけに、今後も、きっと、浜野謙太さんが登場するものだと思います。
 
 
<10月6日 追記>
10月6日放送の第6回でも牧善之介が登場しました。
 
 
福ちゃんの家に訪れるも、咲姉ちゃんが結婚していることが分かると、ショックを受けていました。

スポンサードリンク

ネットの声

まんぷくを見逃した!見逃し配信を視聴する方法

まんぷくを第1話からリアルタイムで見たいと思っていたのに、見逃してしまった方もいるのではないでしょうか。
 
 
朝という時間帯は忙しい人も多く、見忘れてしまうこともあると思います。
 
 
でも、安心してください!
 
 
まんぷくを見逃してしまった方のために、見逃し配信を視聴する方法について、まとめたので、見てみてください。
 
 

まとめ

10月4日の第4回放送で、謎の歯科医・牧善之介(浜野謙太)について、お伝えいたしました。
 
 
いきなり、白馬に乗っての登場に驚きましたが、本当にあったエピソードだったことにさらに驚きました!
 
 
この後の「まんぷく」の放送で、きっと、浜野謙太さん演じる牧善之介は登場するのでないでしょうか。注目したいと思います。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
では。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>


・人気月9ドラマ「ラジエーションハウス」
・「ストロベリーナイトサーガ」
・「ミラーツインズ」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>


・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>


・「わたし、定時で帰ります」
・「インハンド」
・「集団左遷」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>


・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

まんぷくドラマ
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました