忘却のサチコ俊吾はなぜ逃げたのか?その理由は?あらすじや感想も


「忘却のサチコ」が、連続ドラマとして、2018年10月12日(金曜)夜24時12分放送から放送されています。


「忘却のサチコは、高畑充希さん主演で、「コメディー」×「ラブ」×「グルメ」の新感覚ドラマです


地域によって、放送日や放送時間が違っていたり、放送されない場合もあります。


この記事では、忘却のサチコのあらすじ、感想と俊吾はなぜ逃げたのかの理由について、お伝えいたします。


※ ドラマのネタバレなどもありますので、知りたくない方はこれより下は読まないでください。

スポンサードリンク

忘却のサチコのあらすじ




主人公は、高畑充希演じる佐々木幸子。


完璧な仕事ぶりから「鉄の女」と称される文芸誌編集者。


結婚式当日に新郎の俊吾(早乙女太一)が「サチコ、すまない」という手紙を残して、逃亡してしまいます。


なぜ?なぜ俊吾さんは私の前からいなくなったの…?


そんなことを考えていると、「旨いものを食べる=俊吾さんを忘れられる」という忘却の法則に気が付きます。


これに気付き、忘却の美食道を突き進むことになります。


幸子が出会う「旨いもの」の数々や個性が強すぎる作家たち、そして、悪気一切ナシで先輩たちを翻弄する新世代の新入社員・小林心一(葉山奨之)が登場します。


幸子が新キャラクターたちに振り回されて走り回り、さらに、逃げ出した俊吾さんが幸子の前に現れます。


第一話では、書店で行われる人気作家・姫村光のサイン会でまさかのトラブル発生します。


トラブルを回避すべく、幸子がとった驚くべき行動は…

忘却のサチコのみどころ




グルメドラマということもあって、ドラマの後半は、ご飯を食べるシーンが続きます。


深夜枠に放送されているドラマなので、ドラマを見ていると、間違いなく、お腹がすいてきます。


第1話では、近江牛のすき焼きが登場しました。




「忘却のサチコ」の見どころのひとつは、グルメシーンでしょう。


できれば、「忘却のサチコ」は、深夜以外に見たいところです。


そして、もうひとつ、注目のシーンがあります。それは…


高畑充希さんのコスプレです。




衝撃的なコスプレですね!


第2話以降にコスプレがあるのかは分かりませんが、グルメシーンとともに期待したいと思います。

俊吾はなぜ逃げたのか?その理由は?

俊吾は結婚式当日に「サチコ、すまない」という手紙を残して、逃亡してしまいます。


逃亡した理由については、ドラマの中で明らかとなっていません。


原作は、マンガですが、マンガの中でも逃げた理由はハッキリと分かっていませんが、逃亡後に2度会うことになります。


サチコの2度目の盛岡訪問でふたりは巡り合います。


なぜ逃げたのか、俊吾に問い詰めるも、俊吾が仕事中であるため、仕事が終わったあとには話すと約束をします。


約束の場所で待つも俊吾は現れず、また、逃げられてしまいます。


2度目の再開は、鹿児島でした。


鹿児島のパブで働いており、女装姿でお姉言葉の俊吾をサチコは見てしまいます。


サチコはその状況を理解し、立ち去ろうをしますが、俊吾に今の仕事は、お金のためだと引き止められます。


しかし、今は話せないけど今でもサチコさんのことを愛してると謝罪し、連絡先だけを伝えて、また、去っていきます。


原作マンガでも逃げた理由については、ハッキリとしていませんが、原因のひとつにお金が絡んでいるように思います。


ドラマの最終回では、俊吾が逃げた理由について、明らかになるのかもしれませんね。注目したいと思います。

スポンサードリンク

ネットでの感想

まとめ

「忘却のサチコ」のあらすじや感想、そして、俊吾はなぜ逃げたのかの理由について、お伝えしました。


次回は、どんなグルメシーンがあるのか、気になります。


予告を見ていると、第2話でも高畑充希さんのコスプレ姿がありそうな気がします。


期待したいと思います。


最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


では。


■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>

→人気月9ドラマ【ラジエーションハウス】や【ストロベリーナイトサーガ】【ミラーツインズ】も1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>

→話題の朝ドラ【なつぞら】や【おっさんずラブ】、【ボヘミアンラプソディー】【娼年】も視聴できます


<Paravi(パラビ)>

→【わたし、定時で帰ります】や【インハンド】、【集団左遷】、【初めて恋をした日に読む話】、クロちゃんの【モンスターハウス】が無料視聴できます


<hulu>

→ドラマ【あなたの番です】や【白衣の戦士】【向かいのバズる家族】がhuluで独占配信!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!