あの大阪発ボンカレーがインドで発売する【ガイアの夜明け】

テレビ番組

6月26日のTV TOKYO「ガイアの夜明け」では、
外食王第2弾として、華麗なるカレー戦争が
放送されます。

長年、日本で愛されてきたボンカレーが
カレーの本場、インドで販売する極秘プロジェクトに
密着しました。
しかし、販売までにいろいろな壁があり、
1年半前から独占取材した内容が放送されます。
 
 

スポンサードリンク

ガイアの夜明けの華麗なるカレー戦争とは?


 
 
6月26日のTV TOKYO「ガイアの夜明け」では
ボンカレーのインド進出について、
密着取材した内容が放送されます。
 
 


 
 
ボンカレーは大塚食品が発売するレトルトカレーですが、
カレーの本場「インド」で受け入れてもらうことは
できるのでしょうか?
 
 
ボンカレーは、
日本初のレトルトカレーで、
世界中でおよそ20億食が消費されているロングセラー商品で、
甘口、中辛、辛口の三種類の辛さで販売されています。
 
 
ボンカレーのボンとは、
フランス語のbon、良い(優れた)、おいしいの意味の言葉から
きているようです。
 
 
現在のボンカレーの主流は、フルーツベースの
「ボンカレーゴールド」となっています。
 
 
ボンカレーは日本だけのものと思っていましたが、
実は、2003年に中国・上海に海外進出しており、
現地法人を設立しています。
 
 
今回のインドは海外進出2カ国目ということで、
国内市場が少子高齢化で需要が縮小する可能性が高いので、
人口13億人のインドの市場で事業拡大を目指すということです。
 
 
「ガイアの夜明け」では、ボンカレーのインド進出について、
500日の密着取材された内容が放送されますが、
既にニュースでは、
 
「大塚食品がインドに現地法人設立し、今秋めどに発売」
 
と報道されています。
 
 
「レトルトパックタイプを、カレーの本場であるインドに投入する」
と聞くと、インドで受け入れられない可能性が高いし、
失敗する確率が高いと思いますが、
どんなプロセスで、インド進出できたのか、
気になるところです。
 
 
今秋にめどに発売されるのは、レトルトカレーで、
企業の社員食堂向けとなるようです。
 
 
将来的には、日本で販売しているように、
スーパーなどで家庭向けも事業化したいということです。
 
 
いろいろな企業が海外進出で活路を見出していますが、
食品業界も同様なんですねー。
 
 

スポンサードリンク

大塚食品とは?

 
 
今回、ボンカレーのインド進出となった企業が
大塚食品ですが、大塚食品について
調べてみました。
 
 
大塚食品株式会社は、
大阪府大阪市中央区に本社を置く食品メーカーです。
 
 
大塚製薬を中心とした、大塚グループの一員で、
大塚化学の子会社です。
 
 
商品は、ボンカレーシリーズが有名ですが、
飲料では、クリスタルガイザー、ジャワティストレート、
MATCH、じっくりコトコト つぶ入りとろ〜りコーンポタージュ
などを販売しています。
 
 
2018年で、ボンカレー発売50周年を迎えています。
 
 

【動画】ボンカレーのCM

 
 
ボンカレーの動画を集めてみました。
 
 

ボンカレーCM
大塚食品ボンカレーCM 80年代
いいなCM 大塚食品 ボンカレーゴールド 王貞治
大塚食品 ボンカレーゴールド CM 1988年 田村正和
1972年CM 大塚食品 ボンカレー 「大塚のボンカレー・子連れ狼」編 笑福亭仁鶴

 
 
ホントに懐かしいCMがたくさんありますねー。
 
 

まとめ

 
 
6月26日のガイアの夜明けで放送される、
ボンカレーのインド進出について、
お伝えいたしました。
 
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
 
 
では。




■オススメの動画配信サービス■


<FODプレミアム>


・人気月9ドラマ「ラジエーションハウス」
・「ストロベリーナイトサーガ」
・「ミラーツインズ」
などが1か月間無料視聴できます


<U-NEXT>


・話題の朝ドラ「なつぞら」
・「おっさんずラブ」
・「ボヘミアンラプソディー」
・娼年
などが視聴できます


<Paravi(パラビ)>


・「わたし、定時で帰ります」
・「インハンド」
・「集団左遷」
・「初めて恋をした日に読む話」
・クロちゃんの「モンスターハウス」
が無料視聴できます


<hulu>


・ドラマ「あなたの番です」
・「白衣の戦士」
・「向かいのバズる家族」
などがhuluで独占配信!

テレビ番組
無料動画マニアをフォローする
動画が無料!
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました